キャラデザ おとなもこどもも、おねーさんも

キャラデザ
[広告] 楽天市場


【中古】 鋼鉄天使くるみ 2 介錯 原作 高橋ナオヒト 監督 千羽由利子 キャラデザイン くるみ:榎本温子仲人:桑島法子サキ:田中理恵 / ポニー [DVD]【メール便送料無料】【あす楽対応】


EANコード:4988013065109■通常24時間以内に出荷可能です。※繁忙期やセール等、ご注文数が多い日につきましては 発送まで48時間かかる場合があります。あらかじめご了承ください。■メール便は、1点から送料無料です。※宅配便の場合、2500円以上送料無料です。※あす楽ご希望の方は、宅配便をご選択下さい。※「代引き」ご希望の方は宅配便をご選択下さい。■ただいま、しおり、カレンダーをプレゼントしております。■「非常に良い」コンディションの商品につきましては、新品ケースに交換済みです。■お急ぎの方は「もったいない本舗 お急ぎ便店」をご利用ください。最短翌日配送、手数料198円から■まとめ買いの方は「もったいない本舗 おまとめ店」がお買い得です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。決済は、クレジットカード、代引き等、各種決済方法がご利用可能です。■万が一品質に不備が有った場合は、返金対応。■クリーニング済み。■”s1、s2”などの番号は、弊社管理番号です。どちらでもご購入いただけます。■商品状態の表記につきまして・非常に良い:  非常に良い状態です。再生には問題がありません。・良い:  使用されてはいますが、再生に問題はありません。・可:  再生には問題ありませんが、ケース、ジャケット、  歌詞カードなどに痛みがあります。
価格:326円

【中古】 こみっくパーティー 6 /AQUAPLUS須藤典彦山口宏(監修)横手美智子藤田伸三田口広一(作画、キャラデザイン)菊池正美茶山莉子 【中古】afb


AQUAPLUS須藤典彦山口宏(監修)横手美智子藤田伸三田口広一(作画、キャラデザイン)菊池正美茶山莉子販売会社/発売会社:(株)JSDSS(ジーダス)((株)JSDSS(ジーダス))発売年月日:2001/11/22JAN:4988707541162
価格:250円

黒子のバスケ -after the game-キャラ型クリップ 誠凛・陽泉 6:紫原敦 バンプレスト プライズ


■誠凛と陽泉のメンバーの“ちびキャラ”デザインのイラストを使用したキャラ型クリップが登場!!BANPRESTO アミューズメント用景品の単品販売です。黒子のバスケ -after the game-キャラ型クリップ 誠凛・陽泉より【紫原敦】です。■サイズ:5.0cm■商品は新品・未開封です。★UFOキャッチャーではなかなかとれない!?非売品のゲームセンター取扱い商品をぜひコレクションに 加えてください! 遊youなら、ガチャガチャ 食玩 フィギュア 限定 非売品のアミューズメント景品から、レアなカード おもちゃ キャラクター グッズなどのコレクターズ アイテムが単品からSETまでゲットできちゃいます!※こちらの商品は【メール便発送可】です。 こちらの注意事項を必ずお読みください。
価格:480円

  

キャラデザがダメな理由ワースト6

幼女戦記

 

 

【評価】83点→92点(劇場版込みで再視聴して加算)
ストーリー:★★★★★
キャラ:★★★★
作画:★★★★★
おすすめ:★★★★

判定:神アニメ

 

【オッサン戦記、改めて見直して評価↑】

リバイバルレビュー。17年冬アニメ。

先日、配信サービスで劇場版を視聴した結果、大変面白かったので数年前に放送された1期アニメもついでに見直してみた。

本作はラノベ作品ではあるが内容は極めてまともな軍記物であり、タイトルの「幼女」の部分はやはり損をしている気はするものの、仮に萌え要素皆無のガチガチな戦争物だったとしたら話題にもならなかったと思うので一概に幼女要素が不要であるとは言えず、ラノベでありながら歴史オタやミリオタからも好評を得られる加減を絶妙に保った作品であると思う。

リアタイ時の評価も十分に高い作品だったが、久々に見たら改めてハマれた。

内容的に週間で視聴するよりは一気見向けの作風だったかもしれない。

 

また、昨年~今年にかけて2クールで放送された”異世界かるてっと”のお陰で、本作に登場するサブキャラが馴染みの顔になれたことも評価を上げた要因のひとつ。

リアルタイム時は主人公のターニャ以外の面々のビジュアルが地味目なオッサンばかりだったので 名前と顔および作中での役割を覚えられなかったものだが、再視聴時はその辺はバッチリでしたわ。

“異世界かるてっと”自体は、作画含め「おまけアニメ」レベルで個別に評価するような代物ではなかったけど、結果的に見た意味はあった。

 

キャラは上述した通り主人公と副官以外は全員オッサンandオッサンandオッサン。

そして当の主人公の幼女ターニャも、その正体が現代日本のサラリーマンのオッサンが異世界転生した姿だったとは…もしやこれは幼女戦記ならぬオッサン戦記か?

いやいや、よくある美少女ばかりのミリタリー物とは一線を画す意味でもオッサンだらけで結構結構。

しかしながら、やはりビジュアル面は初見組には厳しいかと。

内容は他のKADOKAWA作品と比べてもトップクラスに面白いのに、リゼロやオバロより地味な扱いを受けるのは致し方が無いかと。

その分コアなファンは多いだろうなとは再視聴して改めて感じたけども。

 

それと、アニメのキャラデザが原作の挿絵やコミカライズ版と大きく違う点も触れておかねばなるまい。

原作やコミカライズ版のターニャは完全に美幼女なのに、アニメでは独創的なビジュアルに大きく改変されている。アメコミチックというか、爬虫類チックというか、上手く表現できないが。

副官セレブリャコーフに至っては漫画版の超絶美女がムーミンみたいな顔に変化。

この件に関しては、リアルタイム時は大きく叩かれていた気がするが、いやいやよく考えてみてほしい。

本作のような正義も悪もない戦場に誰がどう見ても美少女が居るのはおかしくないか。

時に弱小国軍を虐殺したり、時に凶悪な表情で神を罵ったりする主人公である。

必ずしも主人公勢力が善玉とは言えない硬派な作品をキャラデザを通して表現したかったのではないだろうか、制作側は。

確かに美少女のままの方が人気は出たかもしれないけど、アニメはシナリオに沿ったデザインを取ったということで、どちらも一長一短で賛否両論は仕方ないことだと思われる。

 

劇場版のシナリオは、視聴前は本筋とは関係ない番外編のストーリーかと思っていたら、ガッツリ本編の続編で驚いた。

1期でターニャへの復讐を誓った女の子メアリーがすっかり狂戦士へ変貌していたのが印象深く、戦争の非情さが再現できていた。

個人的にはリゼロやオバロより幼女戦記の続編アニメを大いに作ってほしいと感じさせてくれた劇場版であった。

そういった意味でリアルタイム時の評価は良作止まりだったものの、登場人物や舞台設定を完全に把握して、さらに劇場版も視聴した上では名作判定しても良いのではないのかと。

とにかく俺好みなアニメ。軍記物サイコ―。2期こい!

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました